我が家で人気の蕪サラダ

我が家の蕪料理の代表的なものは蕪サラダになります。スーパーでも頻繁に購入しますが、一番購入するのは近所の無人販売です。この蕪が以外に人気で、午前中にはすべて売り切れるため、手に入れるのも一苦労です。

 

さて、我が家の蕪料理ですが、スープに使われたりもしますが、一番人気なのは蕪サラダです。といってもレシピは千切りにして、その上からお酢をかけて食べるというきわめてシンプルなものです。サラダなので当然他の野菜も一緒のお皿に乗りますが、

 

 

蕪がお皿の一番底というのは我が家では暗黙のルールになっています。


なぜかというと、お酢をかけた後に15分から20分ぐらい冷蔵庫で寝かせると、蕪とマッチしてとても美味しくなるからです。また、千切りと書きましたが、細かく切るのではなく、かなり大雑把に切ることも蕪サラダを作る大事な工程となります。

 

なんといっても蕪は、あのなんともいえない食感が命だと思っているので、きり方についてもこだわって大雑把に切っています。単純なようで、この一品が食卓に並ぶとなぜか幸せな気分になります。